2017/06/11

FINNAIR エアバスA350-900 OH-LWC

6月10日、土曜日も成田へ出かけてしまいました。フィンランド航空が定期便でA350を先週からヘルシンキ〜成田線に投入したからです。FINNAIRはこれまでA330をデイリーで運行してきましたが、先週からはそれに加えて週4日、A350で増便しました。夏の需要期に合わせたものでしょうか。ヨーロッパで日本に近いヘルシンキですから、ヨーロッパへのゲートウェイとして需要が増えているのでしょうか。


th_OH-LWC 170610_080805 750_0065
A350-900 OH-LWCです。フィンエアはカタール航空、ベトナム航空に次いでA350を受領したエアラインで、19機を発注し8機を運航しています。A350は2013年に初飛行したエアバス最新のエアライナーで、ボーイング787と同様に胴体や主翼などが複合材製でできています。機体の規模は787より若干大きく、777の更新機材としても売り込みがかけられています。外形的にはRのついたウイングレットとA380のような機首デザイン、操縦室窓の隈取りなどでしょうか。日本へはベトナム航空とシンガポール航空が飛ばしており、日本航空も仮発注を含めて50機以上を発注しており、2019年から受領します。

th_OH-LWC 170610_080821 750_0084
胴体は上半分の旅客キャビンが太く、下半分の貨物室が従来のA330/340なんかと同じく細くなっています。後ろからのアングルで見ると、胴体後部貨物室の絞り込みもボーイングなどの機体と比べると大きいようです。貨物室の容積はあまり必要ないと判断したのでしょうか。

th_OH-LWC 170610_102017 750_0257
離陸するところです。前脚がギリギリ前に寄せられているためか、脚上げの時はあまり美しくないようです。ともあれ787と同様にこれから見る機会の多い機体になります。


th_C-FRTG 170610_161623 750_1092
それからエア・カナダのニューカラーをまとったボーイング787-9 C-FRSRとC-FRTGが飛来しました。これまでのペパーミントグリーンとは全然イメージが変わり、むしろ合併した過去のカナディアン航空のカラーのようです。

th_C-FRSR 170610_144244 750_0701
操縦室窓にA350のように隈取りがいれられたため、温和そうな顔の787がちょっとワルそうに変わっています。


th_N952CA 170610_164709 750_1138
それから珍しいところでは、ナショナル航空の747-400BCF N952CAが飛来しました。ユナイテッドの貨物便としての運航だったようです。






スポンサーサイト
2017/06/06

QANTAS ボーイング747-400 "one world" VH-OEF

ここのところ週末が晴れになることが多く、結構な頻度で撮影に行くものですから、整理が追いつかない傾向にあります。それに加えて画像のレタッチに凝り出すと「もっと綺麗にできるのでは」とキリがなく、ドロ沼にはまっています。

表題のカンタスのジャンボを撮りに6月4日2時半に出かけて海ほたるへと行きました。といっても父の命日の墓参りを兼ねてです。撮影だけで海ほたるに行くのもなんだし、墓参りだけでは面白くない(?)ので、組み合わせたわけです。


th_VH-OEF 170603_050625 D72_9027_01
海ほたるの駐車場にクルマを置いて機材を抱えてデッキに上がったのが4時55分、ちょうどホンコン・エキスプレスのA321が目の前をアプローチしていました。その約10分後にカンタスのジャンボ(VH-OEF)が現れました。事前にFlightradar 24でチェックしていましたが、嬉しいことに"one world"カラーです。機影を確認した時には早くもギアが出ていました。そこがちょっと残念です。カンタス航空は高需要の長距離路線が多いためか、ジャンボの置き換えが他のエアラインより進んでいないようです。後継機はA380と787なのですが、787は今のところ受領していないようです。以前は成田に6時ちょうどに滑り込むのがカンタスのジャンボでしたが、羽田に到着地を変えてからは空港の受け入れが24時間態勢ですから早くなり5時前後となってしまいました。なので日の出の早い季節しか撮影できません。


th_JA119Y 170603_050509 D72_8981
カンタスのジャンボとほぼ同時に海ほたる前に姿を現した東京消防庁のユーロコプター(現エアバス・ヘリコプターズ) EC225 シュペルピューマ「ひばり」です。離着陸時以外のヘリを撮影するチャンスというのは少なく、けっこう好きな機種なのでジャンボとどちらを撮ろうかとドキドキしてしまいました。ローターの動感を出すためにシャッタースピードを落としましたが、レンズの手振れ補正をONにするのを忘れたため、ブレブレ画像を量産してしまいました。


th_JA888A 170603_051616 D72_9107

th_JA837J 170603_053453 D72_9270
上が5時16分、下が5時34分に撮影したANAのボーイング787-9(JA888A/JA837A)です。早朝はアジアを深夜に出発した便が続々と到着します。両機ともギア出しが遅かったので、カッコイイ姿を撮影できました。この日の東京の日の出が4時26分ですから、それから約1時間は光線が赤いままです。


th_HS-TGP 170603_062948 D72_9430
ちょっと間をおいて6時29分に撮影したタイ国際航空のボーイング747-400(HS-TGP)です。タイ国際航空は成田への便をA380やA330などに置き換え、羽田便がジャンボになりました。カンタスほどではありませんが、これも撮影は夏季限定になります。


th_777 170603_063406 D72_9453
6時30分ぐらいになると地方への国内線の出発が多くなります。画像はD滑走路を東向き(R/W05)に離陸するANAのボーイング777-300です。この日は6月にしては珍しく寒気が上空に入ったそうで、視程の良い日でした。海ほたるからの撮影は超望遠撮影になりますから、空気が澄んでいることが必須です。


th_G-STBK 170603_073443 D72_9558
7時34分に撮影したブリティッシュ・エアウェイズのボーイング777-300ER(G-STBK)です。この機体もギア出しが遅く、カッコイイ画像になりました。ヒコーキに乗っていると着陸間際に大きな音と減速感をともなった時に「あっ、ギアを出した」と感じますが、あのタイミングは減速を考慮したものなのでしょうか。アプローチが速かったら早めにギアを出すとか、アプローチが遅かったらギア出しも遅くするとか、ちょっと調べてみたいところです。


th_JA743A 170603_082007 D72_9652
8時20分に撮影したANAのボーイング777-200 "C-3P ANA JET"(JA743A)です。これは初めての撮影でしたが、徐々にアプローチが遠くなり撮影しづらくなり、かなりのトリミングとなりました。それと光線のせいでしょうかなんだかボヤけた画像になってしまいました。ちょっと残念です。


てな具合でしたが、8時40分頃に機材を片付けて朝飯を食べて父の墓がある横浜市の西端へと向かいました。









2017/05/14

AIR FRANCE ボーイング777-300ER "SKY TEAM" F-GZNE

ゴールデンウィークには5月3日と4日、7日に成田へ撮影に行きました。ところが私が行く日の天気は微妙で、行かない日が絶好の撮影日和だったりで、冴えない連休でした。


8.jpg
そもそも成田へ行きたくなったのは、このSKY TEAMカラーのエールフランス 777-300ER(F-GZNE)が来ることが分かったからです。早朝のR/W16Rに滑り込むところを撮影しました。

9.jpg
続いてKLMのニューカラーの777-300ER(PH-BVS)も到着しました。機首の塗り分けラインが変わったぐらいの変化です。

1_20170514114332832.jpg
そして狙ったわけではありませんが、GWのチャーター便でベトジェットのA320(VN-A672)もR/W16Rに到着しました。前胴のREV TECですが、調べたらハーレーのオイルなどのブランドがあるのですが、社名はRevTechなんですよね。絵柄的にはオイルみたいなんですが分かりませんでした。

2_20170514114333da1.jpg
ベトジェットは5月7日にも飛来しました。この時のA320(VN-A650)はミニオンズのADが貼られていました。

3_20170514114334c2f.jpg
これもGWのチャーター便であるカンボジア・アンコール・エアのA321(XU-350)です。尾翼のマークはアンコールワットの仏塔をデザインしたものだと思いますが、ちょっとアレに見えてしまいます。アンコール航空はやはり7日にも成田に飛来しました。

このほかマレーシアのマリンド・エアの737も3日と7日に飛来したのですが、撮影していたのと違うR/Wに降りてしまい撮影できませんでした。


11.jpg

15.jpg

16.jpg
そのほか撮れて嬉しかったのがJALの767-300ドラえもんジェット(JA610J)、ホンコン・エクスプレスのA321(B-LEB)、ハワイアンのA330-200(不明)でした。ハワイアンの着陸は19時11分で、この前にカンタスが2便降りました。千葉市の夏至の日没は18時59分だそうですから、6月末にはもう少し明るくなると思います。







2017/04/02

KLM ボーイング777-300ER "SKY TEAM" PH-BVD

先週の土日は仕事だったものですから今週末は「どこか出かけるべ」といろいろ考えたあげく、成田にSKY TEAMカラーのKLM 777とフィンエアーのウニッコA330が飛来するということなので、成田に出かけることにしました。本当は羽田にANAのC3-PO JETを撮りにも行きたかったのですが、クルマのバンパーを凹ませてしまい断念しました。


th_PH-BVD 1 D75_1613
ちょっと出発に手間取ったので、この機体の着陸にはギリギリの現地到着でした。SKY TEAMカラーはエアラインの個性がなくなってしまうので、あまり好きではありません。まあ珍しいので良しとしましょう。


th_OH-LTO D75_1685
フィンエアーのエアバスA330-300 マリメッコ・ウニッコ(OH-LTO)です。マリメッコはフィンランドのデザインブランドで、ウニッコはケシの花だそうです。シンプルなフィンエアーのカラーリングに可愛らしさがマッチしています。この機体は結構日本に飛来しているのだけどなかなかキレイに撮影できませんでした。


th_JA212A D75_1629
ANAの新鋭機A320neo (JA212A)です。A320neoはこれまでのA320に新型エンジンを搭載した機体で、ANAはPW1100G-JMを採用しています。より経済性が向上しているのはいうまでもありません。これまでに比べてエンジンポッドがかなり太くなっています。


まだ桜の咲いていない「さくらの山公園」で離陸を撮りましたが、相変わらず低いのがエアバスA380とA340-300、荷物を満載していると思われるボーイング747-8Fです。

th_HS-TUC D75_1839
タイ国際航空 エアバスA380 (HS-TUC)

th_HB-JMI D75_1767
スイス航空 エアバスA340-300 (HB-JMI)

th_OY-KBI D75_1938
SAS エアバスA340-300 (OY-KBI)

th_N857GT D72_3288
ポーラーエアカーゴのボーイング747-8F (N857GT)










2017/03/20

羽田空港 国際線ターミナル

th_D75_1566.jpg
3月19日、横浜に所用があったので羽田に寄ってみました。最初は行く途中に寄ろうと思ったのですが、大渋滞と駐車場満車であきらめ、帰りの夜に寄りました。それでも国際線ターミナルの駐車場は満車で5分ぐらい並びました。羽田に撮影に行くには電車がいいですね。

久しぶりの国際線ターミナルですが、撮影できるところにいるのはANAとJALばかりで、美味しいところはデッキから見えない増床部分です。ハワイアンやカタール、カンタス、エミレーツなんかもいたはずなんですが…。


th_JA777A D75_1541
ANAのボーイング777-300ER(JA777A)です。いいレジですよね。日本の民間機は必ずJAで始まる登録番号(Registration=レジ)が必要です。クルマのナンバーと同じで1997年以降はオーナーが好きな英数字を選べるようになりました。ANAの機体の場合数字3桁とAを組み合わせています。しかし、なぜか海上保安庁も数字3桁+Aを好み、またAはアルファベットの最初の文字ですから人気があり、語呂のいい数字は取り合いになっていることでしょう。JA777Aも実は以前個人所有のヘリコプターに振られていたレジですが、同機が大破抹消されていたため通常使い回ししないレジですが特例としてANAの777-300ERに振られたようです。


th_JA888A D75_1410
こちらもANAのボーイング787-9(JA888A)です。787の8であるし、8は末位広がりで縁起のいい数字として中国で人気があるそうです。ちなみにJA787AはANAの777-300ERに2010年に振られているため、残念ながら787では使えなかったようです。ANAは2004年に787を発注していますから、JA787Aを787のためにとっておくことはできなかったのでしょうかね。


th_9V-SYH D75_1473
3月19日に撮影できた数少ない外国キャリアーの機体で、シンガポール航空のボーイング777-300(9V-SYH)です。私の夜間撮影スタイルは、プッシュバックしてトラクターを外したりエンジン始動などで機体が静止した時を狙います。なので、なかなか思い通りのアングルが押さえられるとは限りません。プッシュバックが始まると三脚を抱えて、デッキを右往左往するわけです。


th_N930HB D75_1296
この機体、ボーイング737 BBJ(N930HB)は以前も羽田の夜に撮影したような気がします。Nレジですからアメリカで登録された機体ですが、中国の南山公務という会社がビジネス用に運用しています。機内は大きなベッドもあるゴージャスなもので、中国の大金持ちの会社経営者などがチャーターするようです。この会社はこの機体のほかガルフストリームG450、G550、G650ER、ボンバルディア・チャレンジャー605といった高級ビジネスジェットを取り揃えているようです。

以前ビジネスジェットを扱っている商社の人から聞いたのですが、日本の企業も案外ビジネスジェットを持っているそうですが、アメリカで登録してアメリカをベースに運用するなどしているため知られていないというか、贅沢なイメージがあるので隠しているそうです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。