2012/05/11

モハービ砂漠

昨夜、ロサンゼルスから帰ってきました。いろいろヒコーキを見たのですが、それ以上にモハービ砂漠へのドライブが印象に残りました。

サンタモニカ近くのホテルからモハービ空港へ100マイル、そこからエドワーズ空軍基地の北東をまわって、かつてのジョージ空軍基地、今のサザン・カリフォルニア・ロジステックス空港まで70マイル、そこからサンタモニカまで100マイル、それに飛行場の周りをグルグルまわったので、たぶん500キロ以上走ったと思います。



120511a.jpg

片側4車線のハイウェイが延々と続き、それが縦横に走っているのですから驚きです。都市部を離れれば、オートクルーズで70マイルに固定してダラーっと走ります。途中、サービスエリアやパーキングエリアといった便利なものはありません。



120511b.jpg

さすがに辺鄙な砂漠の中は片側2車線に減りますが、それでもクルマがビュンビュン走っています。

ガソリン代は1ガロン4ドルぐらいです。今のレートだと1リットル84円ぐらいですから、日本よりは安いものの思ったほど安くはありません。燃費のいいクルマが求められるはずです。










スポンサーサイト
2012/03/24

陸自式 2ケツ

120324a.jpg

一昨年の宇都宮駐屯地祭で撮影した偵察隊員です。

陸上自衛隊の偵察隊はオフロードバイクで、すっ飛んで行きます。写真の状況は1人の隊員のバイクが壊れてしまったので、相乗りして撤収するところです。後ろに乗る隊員は後方を警戒しながらなのでしょうけど、なんだか窮屈そうです。バイクのサスペンションもずいぶんと沈んでいます。

昨年、東日本大震災で開催されなかった宇都宮駐屯地祭が4月8日に開催されるようです。桜が間に合うのか心配ですが、久しぶりのイベントなので楽しみです。





2012/02/13

東京ゲートブリッジ

昨日は品川で所用があり予想より早く終わったので、開通したばかりの東京ゲートブリッジを通って帰ってきました。



120213a.jpg

東京ゲートブリッジは、羽田の第2ターミナルから見えるこいつ(写真上)です。東京湾の中央防波堤と若洲をむすぶ橋で、上は羽田の離着陸コースで下は東京港に出入りする船の航路だそうで、高くも低くもできない立地にあります。なので、通常であればレインボーブリッジのようなつり橋を造るところ、高さを抑えるために恐竜のような形になったのだそうです。



120213.jpg

スマホで撮った画像です。中央防波堤側から若洲に向かっています。左側(北側)には歩道もあります。左に大都会東京、右に東京湾が見えてなかなかの景色です。そして若洲側の下り坂では海に向かって急降下するような爽快な景色も広がりました。

肝心の飛行機がどう見えるかですが、この季節のR/W34R離陸機はほぼ真上を通る感じでした。スマホではポツンとしか写らない程度です。たぶん南風になればR/W22への着陸機がよく見えると思います。

飛行機写真マニア的には、新木場の東京へリポートと城南島や羽田が劇的に近くなったことが大きなメリットではないでしょうか。




旅客機の模型は、ダイキャストモデル・デポ





2012/02/05

わくわくグランディ科学ランド-2

わくわくグランディ科学ランドの展示品を見てきました。



120205a.jpg

地元の富士重工業が寄贈したFA-200の1号機と、下にKM-2BとHU-1B(B204B)のシミュレーターです。下のKM-2Bシミュレーターの操作に連動して、FA-200の動翼が作動します。この手の博物館では展示品が壊れたままということがよくありますが、ここの展示品はいい状態が保たれています。



120205b.jpg

珍しいものがありました。YXXの風洞模型です。1980年代にボーイングと共同開発しようとした150席クラスの旅客機です。市場環境の変化に振り回された結果、ボーイングは737NGシリーズの開発に向かいポシャってしまいました。B767やA320のような常識的な双発機だったようです。





2012/02/04

わくわくグランディ科学ランド

今日と明日の2日間、栃木県の「わくわくグランディ科学ランド」というところでプラモデルの展示会を開催しています。私も拙作を出品していたりします。

会場の「わくわくグランディ科学ランド」です。本当は栃木県子ども総合科学館というのですが、今流行のネーミングライツというので、グランディハウス株式会社の看板を出しています。比較的自宅のそばで以前から気にはなっていたのですが、おじさんが行っていいものかと思い素通りしていました。



120204a.jpg

気になっていたのは実物大のH-IIロケットがあるからです。当地はJAXAとも三菱重工とも縁もゆかりもありませんが、なぜかH-IIロケットです。鉄でできたレプリカですが、全長50メートルのものがドカーンと立っていると圧巻です。下のほうから煙でも出るギミックがあったら楽しいでしょうね。諏訪湖の間欠泉みたいに、時間を決めて発射ショーをやったら子どもは喜ぶと思うのですが・・・。



120204b.jpg

これも遠くから見ていて気になっていた電気機関車です。近くを走る東武鉄道で使っていたED5067です。貨車を4両つなげて展示物兼、倉庫として使っていました。子どもの遊び場となっている割には、保存状態はいいほうだと思います。

館内には地元の富士重工業から寄贈された飛行機関係の展示物があるそうですが、まだ見ていません。それからプラネタリュームも気になっています。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。