2012/04/13

DDG-176 ちょうかい

120413a.jpg

2006年の観艦式で撮影した海上自衛隊の護衛艦「ちょうかい」です。

「ちょうかい」は、今回の北朝鮮のミサイル騒ぎに出動していた1隻です。弾道ミサイルの迎撃能力があるRIM-161スタンダード・ミサイル3(SM-3)を搭載したイージス艦です。もともと、アメリカの空母艦隊に殺到するソビエトの爆撃機や巡航ミサイルを迎撃するために開発されたものですが、SPY-1という優れたレーダーを持つためにミサイル防衛の主要兵器とされています。これまで何度か北朝鮮のミサイルを追跡することに成功しており、ハワイで行われる実射訓練でもそこそこの成績を残しています。

今回の発射は勝手に失敗してくれましたが、政府の対応の遅さに問題を残したようです。一方の自衛隊は発射時刻に信号弾を打ち上げて警戒を促すなど、しっかりとした対応をしてくれたようです。