2012/06/22

モハービの怪しいヒコーキ

5月のアメリカ旅行ではモハービ空港へも行ってみました。ヒコーキの墓場として有名ですね。それから、ユニークなヒコーキを作るスケールド・コンポジットの本拠地でもあります。そこで怪しいヒコーキを見ました。



120622a.jpg

いかにもスケールド・コンポジットのヒコーキです。しかし、単座で胴体下にはカメラのターレットらしき装備も見えます。怪しい雰囲気です。



120622b.jpg

さらに怪しいのは酸素マスクをつけたパイロットです。普通の民間機ではありえませんね。スケールド・コンポジットの親会社がノースロップ・グラマンで、そのロゴもはいっています。

N355SXというレジを頼りに調べたら、スケールド・コンポジット・モデル355ファイアバードという機体だそうです。鬼才バート・ルータンが最後にデザインしたヒコーキで、高度1万メートルを40時間滞空できるスパイ機だそうです。40時間となるとパイロットが持ちませんから、無人機としても運用できるそうです。まだ1機しかなくて軍に採用されたのかも分かりません。

こんなヒコーキが田舎飛行場のコーヒーショップの横をタキシングしていくのですから、ビックリします。






スポンサーサイト
2012/01/15

UFOなのか?

これまでなんだかんだで30年以上飛行機の写真を撮ってきて、説明のつかないものが写っていた経験はなかったのですが、先週の訓練降下始めの写真には謎の物体が写っていました。



DSC_4267-4.jpg

画像を縮小していますから分かりづらいと思いますが、赤丸の中に何かが写っています。



DSC_4267-1.jpg

機体右上をピクセル等倍に切り出したものです。白っぽいものが3個写っています。



DSC_4267-2.jpg

機体後部を同じく等倍で切り出したものです。ここにも3個の白い物体が写っています。



DSC_4267-3.jpg

機体の左側です。ここにも3個写っています。

前後の数コマにも同様のものが写っていますが、このコマに一番多く写っています。ほぼ順光ですからゴーストやフレアーではないと思います。パラシュートを開傘するのに何かゴミが飛び散るとしても、他の機体の周りには写っていません。

白っぽい鳥でも飛んでいたのかなー?




軍用機の模型は、ダイキャストモデル・デポ





2011/03/13

原発の事故について

地震に関連して発生した福島第1原発と第2原発の事故について思うことがあります。

安全に「絶対」が求められる巨大システムということでは、原発と大型旅客機は共通しています。極限まで信頼性を高めていますがそれでも故障はしますから2重3重のバックアップ・システムの完備や、万が一の際に安全サイドへ倒すフェイルセーフ思想で設計されなければなりません。航空機の場合あまり重くなってはいけませんから、限度があり不運が重なれば墜落してしまいます。原発の場合それが許されませんし、いくら重くなっても構いませんから相当何重もの安全システムが組み込まれていて当然だと思っていました。

しかし、停電しただけで冷却水ポンプが動かなくなり、バックアップの発電機もないというのですから驚きです。燃料が冷却できなくなればメルトダウンです。バックアップ・システムが地震で壊れてしまったのかもしれませんが、それではないのと同じです。そして原子炉内の水蒸気圧力が上昇して爆発するのを防ぐバルブも自動ではないし、作動させるのに危険なところへ作業員を行かせて手動で作動させなければならないというのも解せません。家庭用の圧力鍋でも圧が高くなりすぎると自動的に抜く仕掛けがついているのにです。もちろん、危険な放射能を含んだ水蒸気を外へ逃がすのですから、厳重な手続きが必要なのは分かります。それにしても、私のような素人が考えてもオソマツです。

また、パニックを恐れて公表しないのかもしれませんが、情報が即座に伝わらないことも問題です。昨夜の場合3時半ごろの爆発を7時ごろになっても「よくわからない」と政府が記者会見で発表する始末です。危機的な状況では間に合いません。

私自身も電気で便利な生活を享受しているので批判はできないかもしれません。炭酸ガスを出さないクリーンなエネルギーだなんて、誰が言い出したのでしょう。


110313.jpg




2010/06/13

100613aa.jpg

100613c.jpg

基地や飛行場の車輌は面白いので、チョコチョコ写真を撮っています。

上の写真が今年4月に宮城県霞目駐屯地で撮影した救急車で、下の写真が同じく4月に栃木県北宇都宮駐屯地で撮影した救急車です。同じ陸上自衛隊航空基地の救急車で、ベース車輌も同じトヨタハイエースです。一目瞭然色が違います。片や救急車の定番である白に対して、片や軍用車輌の定番カーキグリーンです。北宇都宮の方が野戦を意識しているのでしょうか? それとよく見ると上の車輌のルーフ側面には方向指示器らしいものがあります。下にはありません。

どこかで「こういう支援車輌は駐屯地単位で発注しているから、バラバラなんだよ」と聞いたことがあります。ホントなんでしょうか? 仕様を統一して一括発注すれば安くなるでしょうし、他との融通もききますよね。少なくともカラーリングぐらいマニュアル化されていると思うのですが?


軍用機の模型は、ダイキャストモデル・デポ




2010/05/13

百里空港?

100513b.jpg

今日は資料用の写真撮影に茨城空港へ行ってきました。

そこで見つけたのが写真の看板です。茨城空港は航空自衛隊百里基地を拡張して作った空港で、管制業務やターミナルビル以外の施設の管理は自衛隊が行なっています。しかしながら写真のように「百里空港」という名称は初めて見ました。ひょっとして「茨城空港」というのは通称とか愛称で「百里空港」というのが正式名称なのでしょうか? ちょっと謎です。


旅客機の模型は、ダイキャストモデル・デポ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。