2010/05/31

沖合いから見た羽田空港

100531.jpg

昨日の海上保安庁観閲式途中で撮影した羽田空港です。あまり海側から見ることはないと思いますのでご紹介します。

昨日は北風だったようでANAのボーイング747-400Dが離陸しているのはC滑走路、34ライトです。背景の第2ターミナルにはモヒカンカラーのB767-300も見えます。タワーは右側が従来のもので、左側の高い方が新しく作られたものです。従来のタワーは今年秋から供用されるD滑走路が見通せないので、新タワーが建設されました。そのD滑走路もほぼ工事が終わっているようで、エンドには誘導灯の赤い構造物も出来ていました。

羽田はそのD滑走路供用開始とともにアメリカやヨーロッパ、ハワイへの国際線が復活します。また、6月12日にはルフトハンザのエアバスA380が成田へ乗り入れを開始したり、7月には日暮里-成田空港を最短36分で結ぶ京成「スカイアクセス」が運行を開始したり、今年はエアライン関連の大きなニュースが続きます。

追記:写真をよく見ると背景の煙はけっこうな南風ですね。ランウェイ・チェンジが間に合わなかったのかな?


旅客機の模型は、ダイキャストモデル・デポ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。