2010/09/30

USAF B-1Bランサー

100930.jpg

2000年のエアタトゥーで撮影した米空軍の戦略爆撃機ロックウェル(現ボーイング)B-1Bランサーです。B-oneだからBone(ボーン)なんて呼ばれたりもします。

エアタトゥーはイギリスで毎年7月に開催される大規模なエアショーです。このときは天候不順で7月なのに最高気温は16度しかありませんでした。Tシャツと短パンしか持っていかなかった私は、エアショー会場で売っているトレーナーやジャケットを買って寒さをしのぎました。

ところでB-1Bです。すでに戦略核兵器はICBM(大陸間弾道ミサイル)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)に主役は代わってしまいました。それでも存在し続ける理由は戦術用途に使えることもありますが、敵国に防空体制の整備を強いる効果があります。相手国に戦略爆撃機がある以上、それを探知するレーダー網や迎撃戦闘機、迎撃ミサイルを配備しなければならず、それには莫大な費用がかかります。一旦計画がキャンセルされたB-1を復活させたレーガン政権は急速な軍備拡張で、当時のソビエトを経済的に追い詰めることに成功しました。

軍用機のカッコよさとは裏腹に、国際関係とは何とも陰湿です。



軍用機の模型は、ダイキャストモデル・デポ