2011/09/30

ANA B787-8 初号機到着

110930a.jpg

そして真横です。海ほたるからR/W34Rに着陸するボーイング787クラスの飛行機だと、フルサイズ換算で600ミリぐらいは必要な感じでした。私はAPS-Cのカメラで300ミリですから、真横で6~7割りぐらいでした。雲が多かったため、このとき曇ってしまったのが残念です。





110930b.jpg

それとB737-700(JA16AN:写真は別の機体)の事故。おめでたいニュースの日にショッキングな事故のニュースが重なってしまいました。9月6日のエアニッポン、那覇発羽田行きのANA140便が静岡沖で、コパイロットがドアを開錠しようとしてラダーのトリムを操作してしまい、旋転降下してしまった事故の内容が発表されました。

最大で機首が35度も下向きになり機体が135度も傾き、1,900メートルも降下したということです。ニュースのCGで見ると、よくぞ回復したという感想を持ってしまいました。

しかし、このニュースを見るとコパイロットのミスは別として、ミスを受け入れてしまった設計にも問題があると思います。同じような位置に、同じような操作をする全然違う機能のスイッチを設置していて、しかも一方は飛行に重大な影響を与えるものだったという点。そして、飛行中に急激な操作をしたら危険な状態になることがわかっていながら、その操作で動作してしまう点です。

「まさか」という理由で重大事故が起きてしまいます。ひとつひとつつぶしていくしかないのでしょう。それにしても墜落に至らなくてよかった事故です。



旅客機の模型は、ダイキャストモデル・デポ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。