2011/11/30

ATDW F-4EJ/EJ改

岐阜航空祭でF-4EJ/EJ改も素晴らしい飛びを披露しました。さすがに飛行開発実験団のテストパイロットたちです。



DSC_2733.jpg

アフターバーナーの炎も逞しく、轟音とともに飛び去る姿はまさしく戦闘機です。すっかり老朽機扱いされていますが、飛びを見る限り「まだまだ」の感があります。小松での増槽破裂事故の影響で外側のパイロンが外され、何かパッチのようなものが貼られています。



DSC_2827.jpg

会場のはずれで撮影していましたから、ラッキーなことにスプレッド・アウトが目の前で撮影できました。手前がEJ(47-8327)で、奥がEJ改(47-8328)です。連番ですが、どういう理由でこうなったのか気になります。



DSC_3302.jpg

そして着陸後のドラッグシュートです。これをイチイチ回収して詰め直さなければならないのは手間でしょうが、これもファントムの魅力です。

とはいえ、中距離ミサイルがセミ・アクティブのスパローしか使えない(大半のF-15Jもそうだけど)のですから、時代遅れなのは確かです。早いこと後継機を用意しなければならないですね。




軍用機の模型は、ダイキャストモデル・デポ