2016/11/27

昨日の宇都宮飛行場

th_JA6655 Asahi S76 V3_9568

昨日の宇都宮飛行場では11月6日の続きでしょうか、2機種のヘリコプターを交互に飛ばして何らかの計測を行っていました。飛行したのは朝日航洋のS-76C(JA6655)とAS350B3エキレーユです。両機種とも割とポピュラーな機種ですが、陸上自衛隊では使用していないし、富士重工業で整備を行っているわけでもないので宇都宮飛行場では珍しい機種です。


th_JA6655 Asahi S76 V3_9542
シコルスキーS-76Cです。タービン双発のビジネスヘリとして1980年代に開発されました。VIP輸送を想定したためか快適性や速度性能は優れていますが、機体規模の割にキャビンが狭く汎用機としては使いづらいようです。海上保安庁もパトロールや救難用に使用しています。


th_JA6514 Asahi AS350 V3_9617
アエロスパシアルAS350B3エキュレーユです。アエロスパシアルはフランスの航空機メーカーで、ドイツのMBBと合併してユーロコプターとなり、現在はエアバス・ヘリコプターズとなっています。S-76もそうですが民間ヘリとして開発されたタービン単発の機体で、使いやすい機体規模と手頃な価格で市場を席巻しています。アメリカのメーカーは軍需に頼りすぎた隙を突かれた感じです。日本では単発ヘリが嫌われますが、特に事故が多いというわけでもなく十分な実績があります。陸上自衛隊もTH-480Bなんか採用しないで、このクラスを採用していれば便利だったと思います。