2017/03/20

羽田空港 国際線ターミナル

th_D75_1566.jpg
3月19日、横浜に所用があったので羽田に寄ってみました。最初は行く途中に寄ろうと思ったのですが、大渋滞と駐車場満車であきらめ、帰りの夜に寄りました。それでも国際線ターミナルの駐車場は満車で5分ぐらい並びました。羽田に撮影に行くには電車がいいですね。

久しぶりの国際線ターミナルですが、撮影できるところにいるのはANAとJALばかりで、美味しいところはデッキから見えない増床部分です。ハワイアンやカタール、カンタス、エミレーツなんかもいたはずなんですが…。


th_JA777A D75_1541
ANAのボーイング777-300ER(JA777A)です。いいレジですよね。日本の民間機は必ずJAで始まる登録番号(Registration=レジ)が必要です。クルマのナンバーと同じで1997年以降はオーナーが好きな英数字を選べるようになりました。ANAの機体の場合数字3桁とAを組み合わせています。しかし、なぜか海上保安庁も数字3桁+Aを好み、またAはアルファベットの最初の文字ですから人気があり、語呂のいい数字は取り合いになっていることでしょう。JA777Aも実は以前個人所有のヘリコプターに振られていたレジですが、同機が大破抹消されていたため通常使い回ししないレジですが特例としてANAの777-300ERに振られたようです。


th_JA888A D75_1410
こちらもANAのボーイング787-9(JA888A)です。787の8であるし、8は末位広がりで縁起のいい数字として中国で人気があるそうです。ちなみにJA787AはANAの777-300ERに2010年に振られているため、残念ながら787では使えなかったようです。ANAは2004年に787を発注していますから、JA787Aを787のためにとっておくことはできなかったのでしょうかね。


th_9V-SYH D75_1473
3月19日に撮影できた数少ない外国キャリアーの機体で、シンガポール航空のボーイング777-300(9V-SYH)です。私の夜間撮影スタイルは、プッシュバックしてトラクターを外したりエンジン始動などで機体が静止した時を狙います。なので、なかなか思い通りのアングルが押さえられるとは限りません。プッシュバックが始まると三脚を抱えて、デッキを右往左往するわけです。


th_N930HB D75_1296
この機体、ボーイング737 BBJ(N930HB)は以前も羽田の夜に撮影したような気がします。Nレジですからアメリカで登録された機体ですが、中国の南山公務という会社がビジネス用に運用しています。機内は大きなベッドもあるゴージャスなもので、中国の大金持ちの会社経営者などがチャーターするようです。この会社はこの機体のほかガルフストリームG450、G550、G650ER、ボンバルディア・チャレンジャー605といった高級ビジネスジェットを取り揃えているようです。

以前ビジネスジェットを扱っている商社の人から聞いたのですが、日本の企業も案外ビジネスジェットを持っているそうですが、アメリカで登録してアメリカをベースに運用するなどしているため知られていないというか、贅沢なイメージがあるので隠しているそうです。