2017/05/14

厚木基地2017日米親善春祭り その2

4月29日に開催された厚木基地「2017 日米親善春祭り」で飛行した航空機を紹介します。厚木基地では2000年より前は「Wings 00」と銘打って大々的にエアショーが開催されていたのですが、一部市民の騒音苦情により飛行展示が行われなくなってしまいました。しばらくは本当に航空機が全然飛ばず、飛行場もエプロンのごく一部しか公開されない冬の時代が続きました。その頃は「日米親善さくら祭り」として花見フェスティバル的なものでした。しかし2010年ぐらいからでしょうか「たまたま」訓練飛行が実施されるようになりました。あくまでも訓練飛行ですからジェット機は離着陸のみ、ヘリコプターは救難訓練だけですが、充分に楽しめる内容です。
今年度中にCVW-5のジェット機部隊は山口県の岩国基地へ移動してしまうので、来年以降はどうなるのでしょうか。


th_D72_4668_00003.jpg
VFA-102ダイアモンドバックスのF/A-18Fスーパーホーネットです。スーパーホーネットは従来のF/A-18A/B/C/Dホーネットを大型化した機体で、現在アメリカ海軍の主力戦闘攻撃機です。写真のF型は複座型で、単座型のE型もあります。

th_D72_4698_00003.jpg
VAQ-141シャドウホークスのEA-18Gグラウラーです。EA-18Gはスーパーホーネットの電子攻撃型で、味方の攻撃隊が敵の地対空ミサイルで迎撃されないように妨害電波を発して目潰しをしつつ対レーダーミサイルなどで攻撃する任務を負っています。

th_D72_4724_00008.jpg
VFA-27ロイヤル・メイセス(奥)とVFA-195ダムバスターズ(手前)のF/A-18Eスーパーホーネットです。CVW-5にはスーパーホーネットのE型の飛行隊が3個、F型の飛行隊が1個配属されています。自動化の進んだ現代の戦闘機ですが、複座型の方がナビゲーションや精密誘導兵器の操作など二人の飛行士で分担した方がよさそうです。

th_D72_4918_00017.jpg
訓練を終えて基地に帰ってきたVFA-115イーグルスのF/A-18Eスーパーホーネット(左)とVAQ-141シャドウホークスのEA-18Gグラウラー(右)です。帰ってきた戦闘機は基地上空で180度ターンして着陸経路に入ります。基地が敵の攻撃を受けるなどしていないか確認してから減速する、作戦機ならではのアプローチ方法です。

th_D72_5001_00021.jpg
機体によってはタッチ&ゴーを実施します。滑走路上は強い日差しによるヒートウェーブが強烈なので、比較的高度の高いタッチ&ゴーはクリアに撮影できるチャンスです。機体はVFA-195ダムバスターズのF/A-18Eスーパーホーネットです。

th_D72_4881_00015.jpg
VAW-115リバティベルズのE-2Cホークアイ2000です。これも訓練飛行から帰還して基地上空で180度ターンしているところです。E-2Cは空母艦隊に近づく敵機や敵ミサイルを探知したり、攻撃隊を管制する空飛ぶレーダーサイトで、機体上の大きな皿状のものがレーダーです。間もなく新型のE-2Dアドバンスド・ホークアイを装備するVAW-125タイガーテイルズと交代してアメリカへ帰国します。

th_D72_4785_00012.jpg
HSM-51ウォーローズのMH-60Rシーホークです。この飛行隊は空母の艦載部隊ではなく第7艦隊の巡洋艦や駆逐艦に搭載されるヘリコプターの飛行隊です。

th_D72_4800_00013.jpg
HSC-12ゴールデンファルコンズのMH-60Sナイトホークです。MH-60Sは艦隊内での物資輸送や戦闘捜索救難、特殊戦部隊の潜入・回収を支援するヘリコプターで、陸軍や空軍のブラックホークと同様に尾輪がテールブーム後端にあります。画像のようにフレアーをかけて強行着陸する際にはこの方が使いやすいのでしょう。

th_D72_4865_00014.jpg
HSM-77セイバーホークスのMH-60Rシーホークです。この飛行隊は空母艦載の対潜飛行隊ですが、水上艦艇の監視や攻撃も任務とします。そのため機体もマルチロールということでSHからMHに呼称が変更されました。これらのヘリコプター部隊は一応救難訓練を実施しました。かなりやっつけの感じですが。


th_D72_4766_00010.jpg
厚木基地は海上自衛隊も使用しています。第3航空隊のP-1哨戒機も飛行しました。2機が離陸しましたが、私が15時頃に基地を離れるまでは帰ってきませんでした。1機は翌日の鹿屋航空祭へ行ったようですが、もう1機は遠く尖閣などにも哨戒に出かけているのかもしれません。

th_D72_4589_00001.jpg

th_D72_4602_00002.jpg
訓練飛行が始まる前に海上自衛隊第61航空隊のC-130Rハーキュリーズが緊急着陸しました。ボヤボヤで見づらいですが、左翼のNo.2エンジンが停止してプロペラがフェザーされています。この際には日米の消防車が滑走路にすっ飛んで行きましたが、何事もなくエプロンに停止しました。

th_V3_1533_00015.jpg

th_D72_4610_00001.jpg
日米の消防車。海上自衛隊のはモリタMAF-50Bという車両です。自衛隊ではアメリカ・オシュコシュのストライカーやオーストリア・ローゼンバウアーのパンサーなどを採用していますが、基地によってバラバラです。多分その都度入札で車種を決めているのでしょうが、教育訓練や整備などを考えると車種を統一した方がよくないでしょうか。アメリカ海軍のはオシュコシT-3000で、横田基地や三沢基地でも見ることができます。












コメント

非公開コメント