2017/04/29

厚木基地2017日米親善春祭り その1

今日は神奈川県のアメリカ海軍厚木基地で開催された「2017 日米親善春祭り」に行ってきました。最近は北朝鮮情勢が一触即発と報じられていたりしますから、もし何事かあれば中止となってしまうので心配していました。というか何かあれば厚木基地はターゲットになるのですよね。朝6時ごろ「ミサイル発射」の第一報があり「ヤベ」と思いましたが、失敗だったのことでヤレヤレです。とりあえず地上展示編です。


th_100.jpg
VFA-102ダイヤモンド・バックスのF/A-18Fスーパーホーネットです。燃料タンクを4本下げてバディポッドを下げていました。このカラーリングも長いですね。


th_200.jpg
VFA-27ロイヤル・メイセスのF/A-18Eスーパーホーネットです。派手ではありませんがなかなかセンスのいいCAG機です。


th_300.jpg
VFA-115イーグルスのF/A-18Eスーパーホーネットです。このカラーリングも長いですね。


th_400.jpg
VFA-195ダムバスターズのF/A-18Eスーパーホーネットです。この飛行隊はCAG機に特別なカラーリングをしていないようです。飛行隊長の方針なんですかね。


th_500.jpg
VAQ-141シャドウ・ホークスのEA-18Gグラウラーです。このCAG機のカラーリングは新しいものです。サッカーの国際試合では旭日旗が締め出されつつありますが、アメリカ人が考える日本のイメージなんだと思います。なかなかいいデザインだと思います。


th_600.jpg
VAW-115リバティーベルズのE-2Cホークアイ2000です。このCAG機のカラーリングにも旭日旗のモチーフが取り入れられています。VAW-115は間もなくアメリカに帰国し、代わりに新型のE-2Dを装備するVAW-125タイガーテイルズがCVW-5に合流します。


th_900.jpg
VAW-125タイガーテイルズのE-2Dアドバンスド・ホークアイです。E-2Cからレーダーや電子機器がアップデートされた機体ですが、少なくともこのアングルの画像では違いがわかりません。マーキングも最小限ですしね。


th_800.jpg
VRC-30プロバイダーズDET5(第5分遣隊)のC-2グレイハウンドです。空母に物資や人員を輸送する機体ですが、今後CMV-22オスプレイに任務を引き継ぎます。F-35BライトニングIIのF135エンジンが空輸できることが決め手になったようです。


th_700.jpg
ヘリコプターはあちこちに展示されましたが、撮影しづらかったのでご紹介するのはこのHSC-12ゴールデン・ファルコンズのMH-60Sナイトホークです。この機体は第7艦隊司令官機とされていますが、コンバット・サーチ&レスキューや特殊部隊潜入支援などを行いますので、12.7mmと5,56mm機関銃を2挺ずつ装備しています。自衛隊にはこのような重武装の汎用ヘリはありません。


th_J5_0506_00004.jpg
VP-26トライデンツのP-8Aポセイドンです。たぶんP-8Aの最も新しい飛行隊です。


th_1000.jpg
海上自衛隊は機体と一緒にミサイルも展示して、ヤル気満々です。P-1と展示されたのはAGM-65マーベリック空対地ミサイルです。不審船のような小型艦艇なんかはバラバラにしてしまう威力があります。


th_1100.jpg
P-3Cオライオンと展示されたのはAGM-84Bハープーン・ミサイルの訓練弾です。ハープーンはアメリカで開発された西側標準の対艦ミサイルです。















2017/04/16

霞目駐屯地創立60周年記念行事

4月16日(日)、宮城県仙台市にある陸上自衛隊霞目駐屯地の創立記念行事に行ってきました。創立記念行事といっても毎年開催しているもので、いわゆる駐屯地祭とか航空祭といったものです。

霞目駐屯地には東北方面航空隊の本部やヘリコプター隊が駐屯しており、陸上自衛隊の東北地方における航空部隊の中枢となっています。そのほか先の東日本大震災において救難や物資輸送用のヘリコプターの基地として機能しました。創立記念行事でも震災以前から陸海空自衛隊と海上保安庁、宮城県警察、宮城県防災航空隊、仙台市消防などとの連携した災害派遣訓練を展示していました。

今回の行事では県警と海保、空自が不参加でしたが、災害派遣の訓練が展示されました。以前は防衛出動の訓練も展示されましたが、今回はありませんでした。


th_73440 D72_3843

th_73440 D72_3815
状況偵察でしょうか最初に飛んだのは八戸駐屯地の第2対戦車ヘリコプター隊のAH-1S(73440)です。対戦車ヘリは優秀な光学センサーを搭載していますから災害時の状況偵察にも有用だと思いますが、まあ使えますよってポーズではないでしょうか。


th_312181 D72_3924
本来の偵察ヘリであるOH-6D(312181)、第6飛行隊の機体のようです。計画ではOH-1と交代するはずでしたが、これが頓挫して後継機が決まりません。偵察機としては無人機(ドローン)に交代するとして、軽快な汎用ヘリは必要ですよね。


th_41837 D72_3877

th_41815 D72_4099

th_D72_3634.jpg

th_D72_3645.jpg

th_D72_4013.jpg

th_D72_4122.jpg
陸上自衛隊の主力ヘリUH-1Jです。人員・物資輸送、テレビ中継装置を搭載しての偵察、消火水散布、救難とあらゆる用途に使用されます。宇都宮飛行場でもおなじみの機体ですが、実戦部隊(?)のせいか宇都宮で見る機体より動きがシャープです。


th_JA6800 D72_4358
国土交通省東北地方整備局のAS332L2シュペルピューマ(JA6800)「みちのく」。国交相が各地方整備局に配備しているヘリコプターで、災害対策に使用されています。この機体の運航は仙台空港の東邦航空に委託されており、東日本大震災の際にもいち早く離陸して津波被害の偵察を行い救命・救難活動に役立ったそうです。


th_JA04FD D75_2428
宮城県防災航空隊のAS365ドーファン(JA04FD)「みやぎ」です。この機体は震災でBK117C-2を失った同隊へ、総務省消防庁から供与されたものです。東北エアサービスに運航を委託しているようです。


th_JA119J D72_4203
仙台市消防局のベル412EP(JA119J)「せんだい」。仙台市にはもう1機のB412EP(JA119T)「けやき」があります。「せんだい」は東日本大震災の直後に仙台市に納入され、大車輪の活躍をしました。今回は陸自のUH-1Jとともに消火水の散布を行いました。CH-47Jも大きな水槽を吊り下げて飛行しましたが、強風のためか散水は行いませんでした。



2017/04/02

KLM ボーイング777-300ER "SKY TEAM" PH-BVD

先週の土日は仕事だったものですから今週末は「どこか出かけるべ」といろいろ考えたあげく、成田にSKY TEAMカラーのKLM 777とフィンエアーのウニッコA330が飛来するということなので、成田に出かけることにしました。本当は羽田にANAのC3-PO JETを撮りにも行きたかったのですが、クルマのバンパーを凹ませてしまい断念しました。


th_PH-BVD 1 D75_1613
ちょっと出発に手間取ったので、この機体の着陸にはギリギリの現地到着でした。SKY TEAMカラーはエアラインの個性がなくなってしまうので、あまり好きではありません。まあ珍しいので良しとしましょう。


th_OH-LTO D75_1685
フィンエアーのエアバスA330-300 マリメッコ・ウニッコ(OH-LTO)です。マリメッコはフィンランドのデザインブランドで、ウニッコはケシの花だそうです。シンプルなフィンエアーのカラーリングに可愛らしさがマッチしています。この機体は結構日本に飛来しているのだけどなかなかキレイに撮影できませんでした。


th_JA212A D75_1629
ANAの新鋭機A320neo (JA212A)です。A320neoはこれまでのA320に新型エンジンを搭載した機体で、ANAはPW1100G-JMを採用しています。より経済性が向上しているのはいうまでもありません。これまでに比べてエンジンポッドがかなり太くなっています。


まだ桜の咲いていない「さくらの山公園」で離陸を撮りましたが、相変わらず低いのがエアバスA380とA340-300、荷物を満載していると思われるボーイング747-8Fです。

th_HS-TUC D75_1839
タイ国際航空 エアバスA380 (HS-TUC)

th_HB-JMI D75_1767
スイス航空 エアバスA340-300 (HB-JMI)

th_OY-KBI D75_1938
SAS エアバスA340-300 (OY-KBI)

th_N857GT D72_3288
ポーラーエアカーゴのボーイング747-8F (N857GT)










2017/03/20

羽田空港 国際線ターミナル

th_D75_1566.jpg
3月19日、横浜に所用があったので羽田に寄ってみました。最初は行く途中に寄ろうと思ったのですが、大渋滞と駐車場満車であきらめ、帰りの夜に寄りました。それでも国際線ターミナルの駐車場は満車で5分ぐらい並びました。羽田に撮影に行くには電車がいいですね。

久しぶりの国際線ターミナルですが、撮影できるところにいるのはANAとJALばかりで、美味しいところはデッキから見えない増床部分です。ハワイアンやカタール、カンタス、エミレーツなんかもいたはずなんですが…。


th_JA777A D75_1541
ANAのボーイング777-300ER(JA777A)です。いいレジですよね。日本の民間機は必ずJAで始まる登録番号(Registration=レジ)が必要です。クルマのナンバーと同じで1997年以降はオーナーが好きな英数字を選べるようになりました。ANAの機体の場合数字3桁とAを組み合わせています。しかし、なぜか海上保安庁も数字3桁+Aを好み、またAはアルファベットの最初の文字ですから人気があり、語呂のいい数字は取り合いになっていることでしょう。JA777Aも実は以前個人所有のヘリコプターに振られていたレジですが、同機が大破抹消されていたため通常使い回ししないレジですが特例としてANAの777-300ERに振られたようです。


th_JA888A D75_1410
こちらもANAのボーイング787-9(JA888A)です。787の8であるし、8は末位広がりで縁起のいい数字として中国で人気があるそうです。ちなみにJA787AはANAの777-300ERに2010年に振られているため、残念ながら787では使えなかったようです。ANAは2004年に787を発注していますから、JA787Aを787のためにとっておくことはできなかったのでしょうかね。


th_9V-SYH D75_1473
3月19日に撮影できた数少ない外国キャリアーの機体で、シンガポール航空のボーイング777-300(9V-SYH)です。私の夜間撮影スタイルは、プッシュバックしてトラクターを外したりエンジン始動などで機体が静止した時を狙います。なので、なかなか思い通りのアングルが押さえられるとは限りません。プッシュバックが始まると三脚を抱えて、デッキを右往左往するわけです。


th_N930HB D75_1296
この機体、ボーイング737 BBJ(N930HB)は以前も羽田の夜に撮影したような気がします。Nレジですからアメリカで登録された機体ですが、中国の南山公務という会社がビジネス用に運用しています。機内は大きなベッドもあるゴージャスなもので、中国の大金持ちの会社経営者などがチャーターするようです。この会社はこの機体のほかガルフストリームG450、G550、G650ER、ボンバルディア・チャレンジャー605といった高級ビジネスジェットを取り揃えているようです。

以前ビジネスジェットを扱っている商社の人から聞いたのですが、日本の企業も案外ビジネスジェットを持っているそうですが、アメリカで登録してアメリカをベースに運用するなどしているため知られていないというか、贅沢なイメージがあるので隠しているそうです。




2017/03/14

日本トランスオーシャン航空 ボーイング737-400 「SWALジェット」 JA8999

th_JA8999 D75_0858
3月12日、羽田で撮影した日本トランスオーシャン航空(JTA)のボーイング737-400 「SWALジェット」です。JTAは沖縄をベースとするJALグループのエアラインで、今ではJALの機体と同じようなカラーリングをしています。1963年から93年までは南西航空(SWAL)という社名で、そのころのカラーリングを再現したのがSWALジェットです。2013年の新石垣空港開港を記念してのレトロカラーだそうですが、今まで見ることがありませんでした。JTAも737-400を737-800へのリプレイスを始めており、近いうちに姿を消すものと思われますからこれはラッキーでした。


th_JA73NG D75_0537

th_JA73NG D75_1271
スカイマークのボーイング737-800 「ヤマトジェット」(JA73NG)です。これは新作アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』とのコラボレーション企画で、来年夏頃まで飛行するそうです。ANAがスターウォーズであれだけやっているのですから、もっと派手でもよかったのではないでしょうか。機体の左右で絵柄が違うので両側を撮れたので、これもラッキーでした。スカイマークの機体は着いたと思ったらすぐに出発するので、案外簡単かもしれません。